相続税対策の第一歩は養子縁組を増やす事から!

相続税の対策とは、生きてるうち、しかも、元気なうちから始めるべきです。
なぜなら、元気で体が自由なうちから、始める事で、自分自身で、いくつもの方法を行う事ができるからです。
まず、相続税対策の第一歩として、税金の基礎控除額の増加を考え、養子縁組を増やす事から始めて行きます。

だからと言いて、誰でも良いと言う事ではなく、子どもの結婚相手をはじめとし、孫が生まれた場合は、孫と養子縁組を組む事で、増やしていく事が可能です。
次に現金を不動産に代えておく手続きや生命保険に加入する手続きなど、できるだけ、手持ちの現金を減らしておくと言った方法もお勧めです。

だからと言って、まったく、現金を失くす必要はありません。
もちろん、この他、できれば、信頼する事の出来る相続税対策の専門家を作っておく事も大切です。

そうする事で、何かと相談にのってもらう事ができ、万が一の際は、その人にすべてを託し、安心して永眠する事ができます。
そして、最後に忘れてはいけないのが、遺言の作成です。

直接、相続税の対策に関係ないように思えますよね。
でも、自分の考え、遺産の割り振りなどを明確にしておくためには、絶対に欠かす事ができないものになってきます。

参考サイト:相続税対策ガイド