マンション売却で高く売るコツ

自宅を購入する際には、ずっと住もうと考えて購入する人が殆どですが・・・
仕事上の転勤や転職、その他いろいろな事情でマンション売却を余儀なくされるケースは少なくありません。

誰しもが自ら手に入れた不動産を手放したくはないところですが、次の地での資金などにするために賃貸ではなく、売る必要がある場合もあるわけです。

マンション売却を実施する場合、多くは不動産業者に連絡し、売買に関する一切をお任せするのが無難と言えます。
一般的には不動産業者には仲介の成功報酬として、売価の10%~20%を支払うケースが多いと思います。

これはどの業者でもほとんど変わりませんので、マンションを相場より高く売るためのコツはいかに「売ってくれそうな業者」を見つかるかが課題になります。

よく言われる大手の仲介業者については、やはり不動産売買のネットワークの裾野は広いものがありますが、手数料が高額であったり、動きに時間がかかる側面がどうしてもあります。

その点、地元固有の業者であれば、地元の物件にもある程度精通しており、手数料も大手ほどではないので安心です。

最終的な判断は、先ほどあったマンションを売るまでの日数が早くできる業者を選ぶべきなので、あとがどんなセールスマンがついているかというところになるかもしれません。
セールスマンの出来如何で早く売却できる可能性が高まります。

参考:マンション売却 コツ

マンション売却で高く売る交渉のコツ・注意点

日本の住まいは確実に変化しており、多数の人間が生活スタイルを見直しています。
そういった環境で重要になるのが住む場所です。
そして、住み替えをするユーザーが増加しているのが現代の日本です。

ここでは住む場所を変えるために不動産を売るという方法もあります。
マンション売却が盛んになっていることは、大きな話題になっています。
近年では都会などの中古物件も人気が高く、比較的売りやすい環境になっています。

そこで物件の売る際には重要な要素もあります。
一般的に不動産は高額な取引になります。

そのため、相手と相場を見極めてから交渉することがポイントです。
相手とのコミュニケーションが、中古マンションを相場より高く売るコツの基本です。

不動産というものは買いたい相手がいることで初めて売れるものです。
そのため、相手を探すことも重要になっています。

現在ではインターネットなどの活用もあるため、比較的広い範囲から売る対象を探せます。

マンション売却に成功するためには、良い取引相手との出会いが最も大切です。
これはどんな取引でも基本的な要素です。

個人の所有する不動産は非常に多くなっています。
売却のコツは意外にも多く、購入した後の相手の気持ちを考えることも必要です。

マンション売却で相場より高く売るコツ

過去に名古屋に所有するマンションを売却しました。
その際、いくつもの不動産会社がありましたが、高額で売買をしてくれるところを優先的に選んで、媒介契約を結びました。

当初「マンション売却の手続きは書面のみで済みます」「購入検討者にはあうことはありません」と言われていたにもかかわらず、エンドユーザーから「どんな人が住んでいたのか知りたい」などと不動産会社に注文をつけたため、2度ほど買うこともなかったエンドユーザーに合うハメになりました。

その際の東京から名古屋までの往復の交通費は自腹でした。
これには本当に頭にきました。
結局書面のみといいながら、会って話がしたいといわれ、何度も東京から名古屋に立ち寄るはめになりました。
ただ、たくさんのエンドユーザから問い合わせを受けていたようで、その点は集客力のある不動産会社を選んでよかったなと思いました。

そして最終的には、こちらの希望額を1割ほど上回る金額で売れました。
同時に検討した方が現れてオークションのような感じになったみたいです。

どんな売り方をしたのかはよくわかりませんが、高く売れたので文句はいいませんでした。
頭に来ていた交通費代も10倍くらいになって帰ってきたと思って、言いたい文句を飲み込みました。

また物件も良好だったため、売却後、他の不動産会社から「うちならその2割増で売れたのに」などとあとから連絡がきました。
問題はありましたが、良い不動産会社を選んでよかったと思いました。